セントラルパークのTREE-CYCLE

1月15日
以前、飾り終わったクリスマスツリーの処分はどうするのか人から、聞かれたので私の近所で行われているツリー処分の一例を。
色々なツリーのリサイクル方法があるようですが、セントラルパークが行っているクリスマスツリーのリサイクルキャンペーン。

MulchFestと呼ばれるこのリサイクルイベントはニューヨークの衛生局やリサイクル団体が中心になってクリスマスツリーを街路樹などの肥料に生まれ変わらせようという、リサイクルの試みです。



DSC00494.jpg
五番街を歩いていると使用済みのツリーを抱えてセントラルパークに運び込む人々の姿が。

DSC00506.jpg
使用済みのツリー、年明け辺りから歩道のゴミ収集所に捨て置かれてのは、よく見る光景ですが、こんなふうにリサイクルして土に帰ってもらうといういうのはよいですね。
アメリカはまだまだ、「使い捨て文化」が浸透していると感じますが、(それに自分自信も染まってしまっているところもなきにしもあらず:汗)子供たちにそんなふうに生物を扱う姿勢を見せることってとても大切だと思います。




DSC00502.jpg
左に見える囲みの中にツリーを入れておけば収集車が集めて持ち運んでくれます。

又は、指定のロケーションまで運べば、自分たちのツリーを機械で砕いてもらって、できあがったチップを持ち帰ることもできます。日にちと時間が決められているのでその時間を調べて持ち込むことが重要!



DSC00512.jpg
縁あって家にやって来たツリー。ただ単に廃棄処分されてしまうのではなく別の役割を担って
土に帰ってもらえた方がずっといいですよね。
TREE-CYCLE(ツリーサイクル)、私も今年は利用させてもらいました♪
ちなみに、アメリカで使用されるクリスマスツリー、一冬で何本のツリーが伐採されるのか?と森林破壊を心配したことはありませんか? 
けど、そのような心配はしなくても大丈夫なようです。
例えば、ニューヨークで使用される家庭用クリスマスツリーの多くは、アップステートなどのファームで人工的に商業用として栽培されたものを下↓の記事のように販売されているので自然破壊をしているわけではないそうです。
DSC00511.jpg
私たちがいる間にも、台車や自転車にくくりつけてツリーを運ぶ人達が続々とやって来ました。



tree_cycle.jpg
我が家で飾られたツリーも今年はこの
リサイクルの収集場へと運びこまれました。





ornament_left.jpg
・・・と、外し忘れていたオーナメントを一個発見。取り残しなきようお願いしま〜す!





ice_snowman.jpg

ウッドチップスはこのように街路樹などの肥料として撒かれ再利用されます。
DSC00504.jpg
セントラルパークの池は凍り付いて雪がつもっている、これが当たり前の冬の公園の風景。